靴紐の結び方-1  シングル (覚えやすくすぐ使える)

(靴紐の結び方の種類からリンク作成)

シングルは靴紐が甲の表を平行に通っています。 紐の通し方ははじめ以外一方を動かし続けるので初心者でも覚えやすいのが特徴です。
デメリットとしては靴を履くたびに紐の長さを調整してから縛らないといけない手間があることです。
はじめの紐を通すところから写真で見ていきましょう。

①両側の穴で一番下の穴、(青丸部)に手前から奥に紐を通した状態です。

② ①の時に通した左側の紐(赤丸部)を右側一番上の穴(青丸部)へ奥から手前に通します。 これ以降この紐は結ぶ時まで使いません。 この紐と交差させる紐はすべてこの紐の上を通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ ②の時に通した右側の紐(赤丸部)を左側下から2番目の穴へ奥から手前に通します。

 

④ ③の時に通した左側の紐(赤丸部)を右側下から2番目の穴(青丸部)へ手前から奥に通します。

 

⑤ ④の時に通した右側の紐(赤丸部)を左側下から3番目の穴(青丸部)へ奥から手前に通します。 ここからは今左側下から3番目の穴から通した紐を④→⑤→④と左側一番上の穴まで穴の位置を1個ずつずらして繰り返します。

 

⑥ ⑤の時に通した左側の紐(赤丸部)を右側下から3番目の穴(青丸部)へ手前から奥に通します。

 

⑦ ⑥ の時に通した右側の紐(赤丸部)を左側下から4番目の穴(青丸部)へ奥から手前に通します。

(写真がプレてしまっていますね。近々修正します。)

 

⑧ ⑦の時に通した左側の紐(赤丸部)を右側下から4番目の穴(青丸部)へ手前から奥に通します。

 

⑨ ⑧の時に通した右側の紐(赤丸部)を左側一番上の穴(青丸部)へ奥から手前に通します。 以上で穴への紐通しは終わりです。

 

左右の紐の長さを整えて、蝶結びにすればシングルの完成。

記事を読んだだけではイメージがわきにくいと思いますが、手元にある靴を使って一度やってみてください。
始め以外片側の紐を動かし続けることが理解できれば資料を見なくてもきっとできるはず。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めての革靴選び、迷わず失敗しないよう情報提供いたします。

レザークラフトを通して革への興味を強め、
革靴の魅力に気づきつつある32歳。

コメント

コメントする

目次
閉じる